製作年:2006年
製作国:日本
配給:キネティック
原案:奥田瑛二
監督:奥田瑛二

キャスト

緒形拳
高岡早紀
杉浦花菜
松田翔太
木内みどり
原田貴和子
大橋智和
山田昌
津川雅彦
奥田瑛二

スタッフ

監督:奥田瑛二
原案:奥田瑛二
脚本:桃山さくら 山室有紀子
製作総指揮:西田嘉幸
撮影:石井浩一
編集:青山昌文
音楽:稲本響
エンディングテーマ:UA

長い散歩

今こそ心洗われる感動の映画を創りたい

子供たちが色々な事件・事故に合う現代社会で、奥田瑛二は今こそ心洗われる感動の映画を創りたいとして、数年をかけて緒形拳のために練り上げて出来た作品です。奥田瑛二が監督するのは、2001年「少女~an adolescent」2006年「るにん」に次ぐ三作目となります。

■ストーリー
高校の校長をしていて定年退職した厳格な教育者・安田松太郎。しかし、幸せな家庭を築けず、アルコール依存症だった妻を亡くし、一人娘からは憎まれながらの生活を送っていた。

そんな初老の男が、一人の天使に出会う。松太郎が引越したアパートの隣人に、母親と二人で暮らしている5歳の少女・幸(サチ)。ボール紙で作ったすり切れた羽根をいつも背中につけた天使は、母親には虐待され、誰にも心を開かない少女だった。ある日、松太郎はそんな可愛そうな幸を救い出し、一緒に旅に出るのだ。行き先は松太郎の遠い記憶の中にある「心のユートピア」。青い空に白い雲が浮かぶある山の頂だった。しかし、幸の母・真由美は「娘が誰かに誘拐されたのだ」と警察に届け出る。警察の捜査は次第に彼らに近づくのだった。