弊社がプロデュース参加した作品「最低。」が近日公開!

現役AV女優、紗倉まなさん原作、「64」の瀬々敬久監督の新作、「最低。」が、今秋11月25日と決まりました。
キャストは下記の様に決まりました。弊社がキャスティングの多くをしました。
皆さんいい味出してますよ。是非ご覧ください。

AV女優の紗倉まなによる同名小説を原作とする同作。KADOKAWAより出版されています。
内容は・・・平凡な日常から新しい世界へ踏み入れる主婦の美穂、母との確執を抱える人気AV女優の彩乃、出生に秘密を抱えた女子高生・あやこの3人が、自らの人生を変える様を、数日間の話として描く。美穂役を森口彩乃、彩乃役を佐々木心音、あやこ役を山田愛奈が演じ、監督を瀬々敬久が務める。

今回明らかになった出演者は、あやこの奔放な母・孝子役の高岡早紀、彩乃の母親である泉美役の渡辺真起子、あやこの祖母・知恵の役の根岸季衣に加え、忍成修吾、森岡龍、斉藤陽一郎、江口のりこ。あわせて公開されたメインビジュアルには、「私は生きる。すべてがいま壊れても」というコピーが添えられている。

この物語が二日間で起きた事実として、その観点で見るとさらに面白いです。
AV撮影にも嘘がなく、リアルな描写は必見です。

 

弊社はシナリオライターを育て、現在5人ほどのライター軍団を結成中です!

現在弊社が映画企画開発中の作品のライターは、どのライターも選りすぐりの実力者ばかりです。このライター達の脚本が次々とキャストや監督の心を射止め、脚本の威力がいかに映画にとって大切であるかを証明し始めています。
いずれ、このライターの方たちのプロフィールもこの欄に乗せ、皆さんの目に留まるような映画の脚本を作っていきます。ご期待ください。

目指していくのは、脚本を完璧なものにし、映画をどんどん立ち上げていくことの出来る企画開発プロデューサーたちの育成です!

現在、ある映画制作会社の中でその試みが始まっています。やがて、フリーで頑張っているプロデューサー、また撮影現場のラインプロデューサー、そして、そちらの方向を目指す、プロデューサーの卵たちの輪を作っていき、多くの作品が円滑に作られていき、フリーの人達、フリーのプロデューサーの力の向上、立場の向上を目指していきます。