//『楽園』

『楽園』

この作品は、映画会社KADOKAWAさんで私が色んな企画の開発の手伝いをやらせて頂いていた事も縁となって、また私が一昨年、『最低』という映画で瀬々監督ともご一緒させて頂いた事もあり、プロデュース参加いたしました。

この企画は監督の作りたい熱量にほだされ、その熱量が人を動かしていったと言っても過言ではありません。それにうまく乗りながら企画の形を作らせて貰ったという感じでした。奇跡的に綾野剛、佐藤浩市、杉咲花という演技派3人が捕まり、原作吉田修一さんの世界観を再現できる土俵が一気に出来上がったのは大きかったです。

この大人の映画、日本はこれでいいのかと問いかける力作をどうやってヒットへ導くかも難題と言えるでしょうが、頑張っていきます。
2019年秋10月に公開されます。まだ、この原稿を書いている今、作品は完成しておらず、ダビングを残す状況ですが、映画賞も狙える映画にしていける手応えはあります。どうか、応援を宜しくお願い致します。